あやい動物日記

2019.10.24更新

糖尿病の猫ちゃんに人用の連続血糖測定器を使用してみました。

フリースタイルリブレ1

猫ちゃんについている白いボタンのようなものがセンサーで、手に持っているのがリーダー(読み取り機)です。

センサーが外れてしまいそうですが、けっこうしっかりついています。お洋服も用意したのですが、この子には必要ありませんでした。

 

今まではインスリンの種類と投与量を決定するために、入院をさせて病院で何時間おきかに採血を行っていたのですが、猫ちゃんは病院ではなかなかごはんを食べてくれなかったり、興奮のため採血が困難だったり、血糖値も正確に測れていないんじゃないかなんて考えていました。

 

フリースタイルリブレはお家でインスリンを注射しながら、簡単に血糖値の測定ができます。

 

フリースタイルリブレ2

フリースタイルリブレは装着すると14日間リーダーをかざすだけで現在の血糖値と、その8時間前までの血糖値の動きが表示されます。

 

フリースタイルリブレ3

一日の変動も一目瞭然です。

飼主さんも入院させずにインスリンの導入ができて喜んでいらっしゃいました。

 

※重症の子で入院が必要なケースもあります。

 

ワンちゃんにも使用できます。

投稿者: あやい動物病院

2019.10.12更新

本日、台風のため午後休診いたします。

12:30までの受付になります。

投稿者: あやい動物病院

2019.09.18更新

新薬の紹介をしたいと思います。

 

ゾエティスより「サイトポイント」という薬が発売されます。

効能は犬アトピー性皮膚炎に伴う症状の緩和です。

 

有効成分のロキベトマブはIL-31(インターロイキン-31)のモノクローナル抗体というもので、

簡単に言うと・・・

細胞に痒みを伝達するIL-31というものにとりついて、痒みのスイッチを入れさせないというものです。

 

1回の注射で1カ月間効果があります。

3kg以上なら子犬でも使用可能で、他の薬を服用の場合でも使用可能です。

 

今年中に発売予定です。

投稿者: あやい動物病院

2019.09.04更新

ロイヤルカナン韓国工場1

院長の綾井ですnico

先日、ロイヤルカナンの韓国工場を見学してきました。

工場は仁川国際空港から南に車で約3時間の金堤(キムジェ)というのどかな穀倉地帯にあります。

ここはロイヤルカナンの最新の工場で、病院食やブリーダー向けの特別な製品が作られています。

ロイヤルカナン韓国工場2

ロイヤルカナン韓国工場3

工場内部は撮影禁止なので、この写真は正面入り口を入ってすぐのロビーのようなところです。

 

製造ラインはガラス張りになっており、見学者が製造過程を見られるようになっています。

また、綿密なマニュアルによって管理されており、世界中のどの工場の製品も同一の品質と安全基準が得られるそうです。

 

この工場ではドライフードが作られていて、原材料はすべてパウダーで入荷します。そして、異物を除去するために最新のタワーステーションというところでふるいにかけられ、最終原材料となり先のエリアに進み保管されます。チェック前のエリアとはドアの色も違い一方通行となっており、チェック前の原材料と混ざり合うことはないそうです。その後、原材料は細かくすりつぶされて、30種類の型の中から製品によって適した形成にされて、乾燥、風味などをコーティングの後に袋詰めされます。その際にも粒がかけていないかや変な臭いがないかなどのチェックも行われ、ロットごとにサンプルが保管されていました。

 

工場内部はとても清潔で、塵一つ落ちていませんでした。原材料もパウダー状でチェックをしてから入荷しているので、肉のくずが山積みなんてことは全くありません。私の印象としては最先端のお菓子工場のように感じました。

 

また、製品は製造後の賞味期限は18ヶ月に設定されていて、韓国工場の製品は他の国よりも輸送時間が短いため、よりフレッシュな状態で日本に運ばれてきます。

 

韓国工場は今後アジア向けの製品の拠点になっていくと思いますが、安心してわんちゃん、ねこちゃんに食べさせられると思います。

 

ロイヤルカナン韓国工場4

投稿者: あやい動物病院

2019.09.02更新

9~10月限定で、ねこちゃんのお得な健康診断を行いますnico

 

身体検査+血液検査のコースは3780円(税込)~

 

病院は苦手なねこちゃんは、まずは540円(税込)で尿検査をお勧めします。

 

どのコースも診察料込みですpad

投稿者: あやい動物病院

2019.08.10更新

ビオナチュレ

リニューアルされましたglitter

 

以前の物も

低リン・低ナトリウムでしたが

さらにリンとナトリウムを低減し

製品にも腎臓にやさしい

明記してありますpad

 

腎臓病や高齢猫ちゃんの

栄養補給にさらにおすすめですnico

 

ビオナチュレ

投稿者: あやい動物病院

2019.08.10更新

お盆休みで連休の方も多いかと思いますが・・・

 

11日(日)、12日(振替休日)、18日(日)

 

お休みですが

 

他の日はもいつも通り診療しています nico

投稿者: あやい動物病院

2019.06.18更新

ドイツのフードメーカー、アニモンダの腎臓用療法食の販売を開始しました。

 

猫用のドライフードは300g入り、ウェットは七面鳥と鶏の2種類でそれぞれ100gです。。

 

犬用はドライフードが700gで、ウェットは鶏とブタの2種類でそれぞれ150gです。

 

アニモンダ腎臓食

投稿者: あやい動物病院

2019.06.12更新

製薬メーカーのビルバックジャパンより

HPMの療法食が発売されました。

 

動物本来の栄養要求に最も近い食事療法食

というコンセプトで

高タンパク質・低炭水化物

(従来製品と比較して)

しかもタンパク質のうち約90%が動物性タンパク質で

犬猫本来の栄養要求と嗜好性に可能な限り近づけています。

 

犬6製品、猫3製品のラインナップですが

当院ではまず

犬用:体重&糖質制限、皮膚被毛、腎臓&リン制限、ストルバイト&シュウ酸塩結石

猫用:体重&糖質制限、ストルバイト&シュウ酸塩結石

の取り扱いを開始しました。

(猫の腎臓&リン制限はメーカーで販売が延期されています)

 

 HPM療法食

投稿者: あやい動物病院

2019.04.19更新

ロイヤルカナンより7歳からの下部尿路疾患用療法食が発売されます。

 

犬用 ユリナリーs/oエイジング7+

(ドライ1kg・3kg、ウェットパウチ85g)

猫用 ユリナリーs/oエイジング7+ +CLT

(ドライ500g・2kg、ウェットパウチ85g)

 

ストルバイト結石の溶解・管理、シュウ酸カルシウムの形成抑制、膀胱炎に配慮したフードですが、

中高齢の犬猫の心臓や腎臓に配慮しナトリウムとリンを低減しています。

ほかにも抗酸化物質カクテル、EPA+DHA、グルコサミン、コンドロイチンなどを配合し、認知機能や関節の健康維持もサポートしています。

 

猫用の全製品、犬用ドライは4月23日入荷予定です。

(犬用ウェットは5月末に発売予定です)

 

 ユリナリーs/oエイジング7+

投稿者: あやい動物病院

前へ

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

tel:0467471222

お問い合わせ