あやい動物日記

2018.02.11更新

もうすぐバレンタインデーですねheart

 

わんちゃん、猫ちゃんにチョコレートを食べられないように気をつけて下さいねhand

 

ということで・・・

 

本日はチョコレート中毒についてお話しいたします。

(毎年書いていますがehe

 

 

チョコレート中毒になると下痢や嘔吐、呼吸が荒くなったり、震えがおき、死亡することもあります。

 

原因はカカオに含まれるテオブロミンやカフェインの過剰摂取です。

つまりカカオの含有量が高いダークチョコや料理用チョコレートはとても危険ということです。

5kgのわんちゃんでダークチョコなら板チョコ1枚(約50g)で命の危険があり、ミルクチョコでは1枚で症状がでる可能性があります。

(詳しくは2013年2月のブログをご覧ください→こちら

 

もし食べてしまったら・・・

 

すぐに受診するか、病院に連絡して下さい。

その際は、チョコレートの包装に書かれているカカオの含有量と食べた量を伝えて下さい。

 

チョコレート中毒には有効な解毒剤がないので、危険な量を食べた場合は吐かせたり、活性炭の投与を行ったりします。

 

 

わんちゃん、猫ちゃんにチョコを食べられないように気をつけて、い楽しいバレンタインデーをお過ごし下さいpad

投稿者: あやい動物病院

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

tel:0467471222

お問い合わせ