あやい動物日記

2011.12.20更新

昨日は加水分解タンパクについてお話しさせていただきましたが、

今日は、新製品についてちょっとお話しさせて下さい。

ロイヤルカナンから発売された「アミノペプチド フォーミュラ」です。


犬用のドライフードのみで1kgと3kgです。
希望小売価格は税込で1kgが3,434円、3kgが8,474円です。

ロイヤルカナンのHPにはこう書いてあります。
[アミノペプチド フォーミュラ]は、食物アレルギーによる皮膚疾患および消化器疾患の犬に給与することを目的として、特別に調製された食事療法食です。
食物アレルギーの原因となるのはタンパク質です。本製品では、食物アレルギーの原因とならないアミノ酸およびオリゴペプチドを使用しています。

フードの原材料を見ると・・・


ここからは私の調べたことや考えです。

はじめにコーンスターチとありますが、これはトウモロコシから作られたデンプンということです。
タンパク質ではないのでアレルギーの原因にはなりません。
ただし、精製過程でトウモロコシのタンパクがわずかに入り込む可能性はあると思います。

次に加水分解フェザーミール(アミノ酸およびオリゴペプチド)と書いてあります。
これはニワトリの羽を処理して作られたものです。
アミノ酸はアレルギーの原因にはならないので、オリゴペプチドというのが気になります。

昨日、「犬の食物アレルギーはⅣ型が多く、アミノ酸まで分解していなければⅣ型アレルギーの可能性がある」とお話ししました。
しかし、オリゴペプチドというのはペプチドの中でも分子量が小さいものです。
しかも含有量が非常に少ないそうです。

したがって、食物アレルギーのリスクが非常に少ないフードといえるでしょう。

投稿者: あやい動物病院

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

tel:0467471222

お問い合わせ